米国進出支援、記帳代行、米国税務申告

米国に子会社あるいは支店を設立されたい企業様向けに、米国で事業を展開するために必要な米国手続きをワンストップでご提供。

サービス内容:

米国法人設立

  • 法人設立州選定のご相談
  • 法人登記手続き
  • 法人税務番号取得

米国銀行口座開設

  • 米国銀行口座開設手続き支援
  • 米国銀行口座開設書類作成支援

記帳代行

  • 月次集計、試算表作成
  • 領収書ファイリング
  • 会計ソフトまたはエクセルデータ入力

米国税務申告

  • 連邦、州への申告書作成
  • 連邦、州への四半期納税支援

米国進出支援、記帳代行、米国税務申告サービスの流れ

無料相談、米国法人登記州選定(1~2日)

米国法人登記手続き(1~2週間前後)

米国法人納税者番号取得申請(3日)

米国銀行口座開設手続き支援(2~4週間)

渡米する場合はお客様のご都合により時間がかかる場合もあります。

月次集計開始

年度末決算書作成、米国税務申告書作成

米国進出支援、記帳代行、米国税務申告についてよくある質問

申込みまでの流れを教えてください。

弊社ホームページでお問い合わせ後、ご希望に応じて直接お会いしご面談、あるいはスカイプにて無料相談(1時間程度)をさせていただいております。そこで米国法人、税務申告に関する疑問点、不明点にすべてお答えさせていただきます。その後ご検討いただき、ご納得いただいた時点でお申し込みいただき、法人設立の手続きを開始いたします。

登記対応可能な州はどちらですか。

ご希望の州どちらでも設立のサポートをさせていただいております。

法人を設立するのにおすすめの州はありますか?

事業拠点を置く州での登記を推奨しております。

法人設立と銀行口座開設までどれくらい時間がかかりますか?

法人設立は1か月程度で完了いたしますが、銀行口座開設やオフィス物件検討、また親会社様との決裁を取るなど実際事業を開始するためにはある程度の時間を要するケースが多いです。弊社では各企業様に合わせたスケジュールをご案内させていただき、米国拠点設立の支援をさせていただきます。

法人設立後にかかる年間の費用はいくらですか?

法人を設立した州にもよりますがだいたい年間4~6万円程度の年間維持費がかかります。費用内訳としては法人年次報告手数料、申請代行手数料、住所レンタル費用、登記州内登録代理人費用等が含まれます。弊社で設立をご検討のお客様にはヒアリング後に更に詳細なお見積もりをださせていただいております。

アメリカに法人(子会社)を設立するメリットは何ですか?

子会社を設立することで訴訟リスク、税務リスクの遮断をし、親会社様への影響がないことがメリットとなります。

米国法人を設立するのにおすすめの事業形態はありますか?

アメリカにはいくつかの事業形態があります。外国人がか部主となる場合、事業形態はC-CorporationLLCのどちらかが代表的です。弊社では、税務上の観点から米国法人を設立する際はC-Corporation(日本で言う株式会社)を推奨しております。

米国法人について全く知識がありません。相談に乗ってくれますか?

はい、もちろん可能です。弊社では1人1人のお客様が思う疑問点、不明点を解消した後に米国法人を設立し、事業展開をしていただきたいと考えております。お気軽にご相談ください。

米国法人を閉鎖する場合、いくらかかりますか?

何らかの理由で米国法人を閉鎖する場合、費用と時間がかかります。費用は閉鎖時の会社規模(売上、債権債務の有無、税金)によるため、設立前に閉鎖時のお見積もりは難しいです。また、閉鎖にかかる時間は、最終法人税額を全額支払い後に法人の閉鎖手続に入るため通常1~2年かかる見込みでございます。法人の閉鎖をご検討のお客様は別途ご相談ください。

サービス全般についてよくある質問もご覧ください。ご不明な点はお気軽に お問い合わせ下さい。

お申し込み・お問い合わせ

サービスのお申し込みはこちらからどうぞ!
また、ご不明な点やサービス内容へのご質問等もお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ

無料メルマガ

eBay、Amazonをはじめ、海外取引英語のすべてがわかるメールマガジンを発行しています。詳しくはこちら

現在1251人が購読中!